ISIT

【Boxアダプター活用法3】PDFにメタ情報を登録してみよう!

こんにちは。アイ・エス・アイソフトウェアーの東郷です。
2020年5月18日より「ASTERIA Warp Boxアダプター」の追加オプションの提供を開始しました。

「ASTERIA Warp Boxアダプター」とは、「ASTERIA Warp」とクラウド型のセキュアなファイル共有ストレージ「Box(ボックス)」との連携機能を担う専用アダプターです。

今回追加したオプションは大きく分けると3つです。

  • 共有リンク設定に関するオプション
  • アカウント設定に関するオプション
  • メタ情報設定に関するオプション

今回は、「ASTERIA Warp Boxアダプター」のオプション機能の活用方法をお伝えします。

追加されたオプションの中から4つのコンポーネントをそれぞれのフローに分けて順にご紹介させて頂きます。
※コンポーネントとは、フローの中である特定の機能を持って処理を行う単位のこと。

  1. Box内のファイルに対して共有リンクを付与できるフロー
  2. Boxのアカウントを作成できるフロー
  3. Box内のファイルにメタ情報を付与するフロー(本記事)
  4. メタ情報を使ってファイルの検索ができるフロー

今回は、3つ目のBox内のファイルにメタ情報を付与するフローを試してみましょう。

PDFにメタ情報を登録してみよう!

今回使用するコンポーネントはMetaCreateコンポーネント「MetaCreate」コンポーネントです。

「MetaCreate」コンポーネントはBox上のファイルにメタ情報を登録することができます。

メタ情報とは、本体であるデータに関する付帯情報が記載されたデータです。「データのためのデータ」と説明されることもあります。

まずは、フローを見てみましょう。

メタ情報を付与するフロー
Box Storage And Meta Browserで見積書_サンプル.pdfを選択します
各属性にメタ情報をマッパーで繋げます。
メタ情報付与前のファイル

このフローではBoxのPDFファイル「見積書_サンプル.pdf」にメタ情報を登録します。
Box内ではメタ情報がまだ登録されていないことが分かります。

では、実際にフローを動かしてみましょう。

メタ情報が付与されたファイル

フローを実行することにより、先ほどマッパーで繋げたメタ情報がBox上の「見積書_サンプル.pdf」に登録されたことがわかりますね。

このコンポーネントを活用すると、大量のファイルにまとめてメタ情報を登録することも可能です!
ファイルにメタ情報を付与することにより、ファイルを効率的に管理することができるため大変便利になりますよ!

次のBoxアダプター活用法では、今回付与したメタ情報を使って、Box内のファイルを検索する方法をご紹介します。

Boxアダプターについて

今回利用した「Boxアダプター」は、ASTERIA Warpシリーズで利用できる機能拡張アダプターです。
Boxアダプターを利用することで、複雑な開発をすることなくBoxとの様々な連携が可能となります。

Boxアダプターについての詳細はこちらのページをご覧ください。
https://www.isi-grp.co.jp/asteria/adapter/box-adapter/
ASTERIA Warpをご導入いただいていない方もBoxアダプターを環境構築なしでご利用できる体験版があります。
ぜひご利用ください。
「手ぶら de ASTERIA」
Share

メルマガに登録する

メルマガにご登録いただくと、ITに関する様々な情報をメルマガでお届けいたします。
個人情報の取り扱いに同意するの上、登録してください。